カテゴリー
  • カテゴリーなし

実例と言っても、ディーラー名や購入者の情報などの詳しいことは書けませんが、値引き交渉に役立つと思われるポイントを抜粋で集めました。

実例1

トヨペット系列とトヨタ系列の2店舗でポルテの見積をもらい、どちらも25万円の値引きでした。
交渉では「あちらの店舗には負けません。」「すぐに購入を決めてもらえるなら店長の権限でさらに値引きします。」という話になりどちらもトータルで25万円の値引きです。
その後、仕事が忙しかったので、しばらく時間を空けていたところ、金額に納得できず迷っていると主れたのか、さらに1万円値引きするという連絡をもらい、後日、契約となりました。

実例2

最初の交渉では、ダイハツのタントと他のディーラー店で販売しているトヨタ シエンタを比較検討してるという話を伝えました。
そして、最初の見積では18万程度の値引きとなりました。
その後、ディーラーの営業マンから連絡があった時に「この値段では高くて買えない」などと担当に伝えたところ、もうひと踏ん張りしてくれて25万円の値引きをしてくれました。
他のディーラーにその見積もりを持込み「あちらのお店では25万円の値引きだったんだけど、どう?」という話をしようと思いましたが、忙しい時期でしたし、そこまでやるのもどうかと躊躇して止めておきました。

実例3

まず、bBとポルテの見積をもらいに別系列のディーラーを2店舗ほど回りました。マイナーチェンジ前のbBがの値引きが多少大きかったので、それをポルテのディーラ(トヨペット店)に伝えると、ほぼ同じ28万円まで値引きしてくれました。しかし、迷いがあり、結局、9月の決算期前には購入を決められませんでした。

その後、車種はポルテ1本に絞り、別系列のディーラー(トヨタ店)にも話をして競合してもらいましたが、最終的には最初のディーラー店(トヨペット店)が30万円引きという数字を提示してくれ、に至りました。

実例4

それまで乗っていたクルマのエアコンの故障で修理に20万かかるという事になり、新車での購入を検討し始めました。

最初からポルテに決めていたのですが、最初の見積もりでは値引きなどは全く何も無く、オプションを幾つかつけて217万4千でした。

その後、最近、新車を購入した会社の同僚に相談して、値引きのノウハウを聞いた後、決算月の3月に再度トヨペットへ「予算は200万なので、以前の見積もり内容にHDDナビが付けば、すぐにでも契約しますよ」という話をしました。

最終的に、それまで乗っていた車の下取りが6万円、さらにバックモニターはキャンペーンで無料、トータル200万円での契約となりました。

Comments are closed.